副業

評判の駐車場シェア「akippa(あきっぱ)」と「特P」、サラリーマンが簡単に稼げる副業はどっち!?

評判の駐車場シェア「akippa(あきっぱ)」と「特P」、サラリーマンが簡単に稼げる副業はどっち!?

シェアビジネス副業って、忙しいサラリーマンでも簡単に稼げる、最高の副業なんですよね。

シェアビジネスには、簡単に稼げる副業として今評判になっている、駐車場シェアリングがあります。駐車場シェアリングは、初期投資ゼロ円で始められるシェアリングビジネスです。

 

その駐車場シェアリングサービスの中でも簡単に稼げる副業として評判の良い、最大手の「akippa(あきっぱ)」と「特P」を比較して、どちらがオススメか?最適な駐車場シェアリングサービスは?ということを考えていきたいと思います。

ポイント

  • 「akippa(あきっぱ)」「特P」ともに、今後拡大する駐車場シェアリングサービス
  • 「akippa(あきっぱ)」は業界最大手で、マッチング機会が多いが手数料が高い
  • 「特P」はマッチング機会が「akippa(あきっぱ)」より少ないが、手数料は業界最安級
  • 「akippa(あきっぱ)」「特P」両方登録するべき

駐車場シェアリングサービスで簡単に稼げぎたい副業サラリーマンのみなさんの参考になれば幸いです。

他の駐車場シェアリングサービスも含めた比較が見たい方は、

をご覧ください。

では、いきましょう!

駐車場シェアリングの可能性

評判の駐車場シェア「akippa(あきっぱ)」と「特P」、サラリーマンが簡単に稼げる副業はどっち!?評判の駐車場シェアリングサービスの将来「akippa(あきっぱ)」「特P」を比較する前に、駐車場シェアリングの可能性について考えてみましょう。

以前より、日本では駐車場不足が社会問題となっています。

休日は駐車場待ちで渋滞が目立ちますし、最近では道路交通法も厳しく、都市部ではバイクの駐車禁止も結構厳しく取り締まられるようになってきています。駐車場の需要に対して供給が追いつけておらず、違法駐車が増え、取り締まりを強化せざるを得ない。それゆえに駐車場料金が高くなるというスパイラルに陥っているわけです。

こういった社会のニーズに応えるものとして、一般のコインパーキングの代わりに、個人が所有する遊休地を駐車場として貸し出すのが「akippa(あきっぱ)」「特P」のような駐車場シェアリングです。

「akippa(あきっぱ)」の社長さんが、こちらの動画で駐車場シェアの未来を語っています。

少し長いので、お時間あるときにどうぞ。

 

駐車場シェアリングは簡単に稼げる副業

これまでも、駐車場経営は副業として人気ではありましたが、空いた土地を駐車場として整備したり、コインパーキングの設置に必要な工事をするなど、設備投資が必要でした。

しかし、「akippa(あきっぱ)」や「特P」のような駐車場シェアリングでは、大規模な駐車場のようにまとまった大きさである必要はなく、またまとまった時間である必要もありません。また、設備投資もゼロ。webサイトやアプリを見るだけでOKです。

評判の駐車場シェア「akippa(あきっぱ)」と「特P」、サラリーマンが簡単に稼げる副業はどっち!?オススメの駐車場の場所

みなさんの周りに、こういった土地はありませんか?あれば、駐車場シェアリングで、更地になった空き地や解体前の空き家など、ちょっとした土地でも軽自動車やバイクなど、車種を限定した駐車場として登録できますし、平日、週末、数時間のみなど、駐車場をいつ貸すのかを自分で設定して貸し出すことで、簡単に稼げる副業となるわけです

  • 休日はほとんど外出していて、自宅の駐車場が空いている
  • 社用車しか持っていないので、平日の日中は自宅の駐車場は空いている
  • 父親が車に乗らなくなったので、実家の駐車場が空いている
  • 駅前に狭小地を持っているが活用方法が見つからない

駐車場シェアはサラリーマンの副業として、リスクが非常に少なく、簡単に稼げると評判の副業なんです。

 

駐車場シェアリングを副業としてオススメするのは不労所得だから

簡単に稼げる副業を探しているみなさんから「そんなに稼げないなぁ」という声が聞こえてきそうですが、大事なのは駐車場シェアリングで稼げる金額の大きさじゃないんです。

大事なのは、このシェアリングサービスを使った副業というのは、不労所得だということです。

自分の稼働時間はほぼない状態で、土地が勝手に稼いでくれるんです。利用するのは土地だけで、今の状態のままで貸すことができます。また、金銭的なコストもかかりませんし、借りる方と直接会う必要もありません。

駐車場シェアリングサービス「akippa(あきっぱ)」「特P」は、手数料を差し引かれはしますが、初期費用とメンテナンス費用はかかりませんから、借りられなかったとしても一切損がないわけです。

一般的に副業というと「本業に加えて別のところで働く」というイメージを持ってしまいますが、シェアリングサービスでの副業は、自分の時間を犠牲にせず初期投資も必要なく、楽して簡単に稼ぐことができるわけです。

ですから、副業で収入を増やしたいサラリーマンは、このシェアリングサービスをできる限り活用するべきだと考えています。

今後、こういったシェアリングサービスは今後どんどん需要が伸びてくると考えられますので、駐車場シェアリングによる副業は、簡単に稼げる副業としてかなり有望です。

 

「akippa(あきっぱ)」は最大手の駐車場シェアリングサービス

評判の駐車場シェア「akippa(あきっぱ)」と「特P」、サラリーマンが簡単に稼げる副業はどっち!?「akippa(あきっぱ)」は最大手の駐車場シェアリングサービス

駐車場シェアリングサービス「akippa(あきっぱ)」は、駐車場を貸したい人と借りたい人をマッチングさせる、駐車場シェアリングサービスです。2018年末には利用者が100万人、2019年には120万人を突破するなど、業界では業界最大規模の規模を誇ります。

駐車場シェアリングサービスとしては「軒先パーキング」がパイオニアでしたが、「akippa(あきっぱ)」は駐車場ニーズの多い東京・大阪での展開や、他企業とのコラボなど様々な取り組みでシェアを高め、今では日本全国にその範囲を広げつつあり、観光スポットやイベント会場近辺にも数多くの「akippa(あきっぱ)」で駐車場シェアしているオーナーが存在しています。

業界最大規模の利用者数を誇るため、マッチングしやすい環境が整っているのが最大の特徴です。

「akippa(あきっぱ)」の記事はこちら

 

「特P」は「akippa」を追い上げる駐車場シェアリングサービス

評判の駐車場シェア「akippa(あきっぱ)」と「特P」、サラリーマンが簡単に稼げる副業はどっち!?「特P」は「akippa」を追い上げる駐車場シェアリングサービス

駐車場シェアリングサービス「特P」は、2017年9月にサービスローンチしており、業界としては後発ながら、「akippa(あきっぱ)」を追い上げる業界でももっとも勢いのある駐車場シェアリングサービスです。駐車場を貸したい人と借りたい人をWebサイト、スマートフォンアプリでマッチングさせるスタイルは「akippa(あきっぱ)」と同様です。

「特P」では、利用者であるドライバーは、通常のコインパーキングも同時に検索できるため、リアルタイムで駐車スペースを探している人にもアピールできるのも特徴です。

「特P」は東京・大阪など大都市圏での展開が中心です。しかし、最近では、繁華街や観光スポット、イベント会場近辺はもちろん、住宅街や地方都市などのオーナー開拓にも熱心であり、新規登録オーナーに5,000円キャッシュバックするキャンペーンなど、独自企画も定期的に行うことでオーナーを増やしています。このように、「特P」は独自の戦略とプロモーションで駐車場オーナーを獲得し、「akippa(あきっぱ)」同様にシェアが広がってきています。

「特P」の記事はこちら

 

「akippa(あきっぱ)」と「特P」の特徴を比較

評判の駐車場シェア「akippa(あきっぱ)」と「特P」、サラリーマンが簡単に稼げる副業はどっち!?「akippa」と「特P」の特徴を比較

駐車場シェアリングサービスの「akippa(あきっぱ)」「特P」を比較すると、以下のようになります。

比較ポイント akippa
(あきっぱ)
特P
登録料・月額費用 0円 0円
駐車場の舗装・設備 不要 不要
バイク対応
スマートフォンアプリ
駐車料金設定 akippaからの提案アリ 特Pからの提案アリ
利用者の保険加入 必須 必須
サポート体制 電話サポート(24時間365日) 電話サポート(24時間365日)
ユーザー数 最大 2、3番手
貸し出し時間 15分単位 4時間単位
オーナー都合の予約キャンセル 違約金2,000円で可 不可
システム手数料 駐車料金の50% 駐車料金の30%

「akippa(あきっぱ)」「特P」には、共通項があるものの、異なる特徴もあることがわかります。

業界最大手である「akippa(あきっぱ)」と、それを追い上げる「特P」は、ともに駐車場オーナー・ユーザー双方からそれぞれ支持を得ています。それぞれの共通点と違いを具体的に見ていきましょう。

 

「akippa(あきっぱ)」と「特P」の共通点

評判の駐車場シェア「akippa(あきっぱ)」と「特P」、サラリーマンが簡単に稼げる副業はどっち!?「akippa」と「特P」の共通点

まずは、「akippa(あきっぱ)」と「特P」の共通点から見ていきましょう。

初期登録費用・月額利用料がかからない

「akippa(あきっぱ)」や「特P」で駐車場シェア副業を始めるためには、サービスに登録して駐車場情報を公開する必要があります。

「akippa(あきっぱ)」と「特P」では、ユーザー・駐車場の登録に必要な初期登録費用や、掲載する月額利用料など手数料が一切かかりません。「akippa(あきっぱ)」と「特P」はともに、掲載された駐車場がユーザーによって利用された際に差し引かれる「システム手数料」で運営されるという収益モデルになっています。

そのため、駐車場オーナーは登録した駐車場が利用されない限り、お金を一切支払う必要はありません。

駐車スペース整地・設備投資不要

サラリーマンが副業として駐車場経営を考えるとき、コインパーキングとして経営するには、駐車料金の精算機やロック板などの設備投資が必要になります。月極駐車場など設備が不要な場合でも、舗装やライン引きなどの整地が必要です。

しかし駐車場シェアリングサービス「akippa(あきっぱ)」や「特P」では設備投資や整地などは必要なく、空きスペースを現状のまま駐車場として貸し出すことができます。初期登録費用・月額利用料ゼロとあわせ、初期投資費用がゼロの副業が可能です。

バイク1台分のスペースでも駐車場オーナーになれる

「akippa(あきっぱ)」や「特P」といった駐車場シェア副業を始めるためには、貸し出しできる駐車スペースを持っていなければいけません。

どちらのサービスも、車だけではなくバイクの駐車スペースもマッチングの対象としています。つまり、車の駐車ができないような狭いスペースしかなかったとしても、「akippa(あきっぱ)」「特P」では、バイク専用の駐車場として登録できます。

駐車場シェア副業を行う上では、「akippa(あきっぱ)」「特P」はオーナーになりやすく、またユーザーも使いやすいサービスといえます。

24時間365日対応の電話サポート

空きスペースとはいえ、自分の大切なスペースを貸し出すには、不安があるかもしれません。

そういった不安に対しても、「akippa(あきっぱ)」「特P」では、万一のトラブルに備え、24時間365日対応のサポート体制があります。自宅設備を壊された、時間を過ぎても車が停まっている、予約と違う車が停まっているなどのトラブルがあっても、スタッフが適切に処理してくれます。ユーザーに直接コンタクトする必要はなく、サポートセンターに連絡をとるだけでよいのです。

優れたスマホアプリがある

ユーザーが駐車場を探す場合、おそらくスマートフォンで探すことになるでしょう(コインパーキングを探すとき、そうしますよね)。目的地周辺で駐車場を探すのはもちろん、予約した駐車場までの経路を調べるのにも欠かせません。

しかし、他の一部の駐車場シェアリングサービスサービスでは、Webブラウザしか利用できないものもあります。

一方で、「akippa(あきっぱ)」と「特P」では、各社独自のスマホアプリがあるため、ユーザーの利便性は非常に高いです。ユーザーの利便性が高ければ満足度も高くなり、また同じスマホアプリでの駐車場予約につながります。その結果、「akippa(あきっぱ)」と「特P」では、駐車場オーナーとのマッチング機会も多くなります。

 

「akippa(あきっぱ)」の特徴

評判の駐車場シェア「akippa(あきっぱ)」と「特P」、サラリーマンが簡単に稼げる副業はどっち!?「akippa」の特徴

双方に共通した特徴を踏まえ、どちらのサービスを選んだらいいのかを判断するため、次に、「akippa(あきっぱ)」の特徴を見てみましょう。

ユーザー数が最多

「akippa(あきっぱ)」は、様々な取り組みを行った結果、2019年現在もっともユーザー数が多い駐車場シェアリングサービスです。

ユーザー数が多ければ、登録した空きスペースのニーズが少なくてもマッチングする可能性は高まりますので、その点「akippa(あきっぱ)」は「特P」よりも集客はしやすいといえます。

15分単位から駐車スペースを貸し出せる

「akippa(あきっぱ)」独自の特徴として、15分単位から貸し出せるという柔軟な時間設定が挙げられます。

滞在時間が長くなる傾向のある観光スポットやスポーツ施設周辺では2,3時間単位でやや高めの料金に設定したり、車の出入りが頻繁になる傾向にある都市部では、15分単位で貸し出して回転率をあげるなど、立地や状況に応じた運用ができます。

周囲のコインパーキングを参考に、適切な価格設定ができるのは「akippa(あきっぱ)」の優位な点です。

オーナー都合のキャンセルは違約金が発生

オーナーが「akippa(あきっぱ)」で自宅の駐車スペースを貸し出す場合、急な来客で貸し出しをキャンセルしたいケースもあると思います。この場合、予約が入っていなければ貸し出し中止ができますが、予約が入っていると、キャンセル自体はできますが、オーナーは「akippa(あきっぱ)」に違約金2,000円を支払う必要があります。

「akippa(あきっぱ)」での駐車場シェア副業では、システム手数料以外ではこのキャンセル違約金が、唯一出費の可能性があります。

システム利用料が高い

「akippa(あきっぱ)」の唯一といっても良いデメリットがコレです。

オーナーは「akippa(あきっぱ)」経由で空きスペースを貸し出すと、システム利用料として50%が差し引かれます。稼いでも、多くをシステム利用料として徴収されるため、自身への収入は存外小さくなります。

 

「特P」の特徴

評判の駐車場シェア「akippa(あきっぱ)」と「特P」、サラリーマンが簡単に稼げる副業はどっち!?「特P」の特徴

「akippa(あきっぱ)」に対して、「特P」独自の特徴とはなんでしょうか?

ユーザー数は「akippa(あきっぱ)」より少ない

「特P」は、大規模なプロモーションや独自の戦略で、ユーザー数・オーナー登録数を爆発的に増やしています。

しかし、「akippa(あきっぱ)」に比べると、まだ少ないです。そのため、マッチングする可能性は「akippa(あきっぱ)」に比べると低いですし、その分稼働率は低いと考えられます。

4時間以上で貸し出し設定

「特P」でも貸し出し設定は柔軟に可能です。ただし、最低利用時間が4時間という設定になっています。

4時間以上の設定であれば、24時間を6コマに分割して貸し出すのも、24時間1コマで貸し出すのも自由なので不便はそこまでないのですが、「akippa(あきっぱ)」ほど細かくコマ割りができないため、繁華街で稼働率を上げることがが難しい面があると思われます。

一方で、4時間以上という縛りがあるため、「特P」の単価は高くなりますし、スケジュール設定は簡単です。

オーナー都合のキャンセルは不可

オーナー都合での駐車場の予約キャンセルしたい場合、「akippa(あきっぱ)」では違約金を支払えばキャンセル可能ですが、「特P」ではそもそもキャンセルができません

もちろん予約さえ入ってなければ、「特P」でも貸し出し中止に設定可能ですが、オーナー自身が急に駐車スペースを使いたくなっても予約は取り消せないのです。これは「akippa(あきっぱ)」に対して、「特P」の最大のデメリットといえるでしょう。

システム利用料が安い

「特P」でイチオシしたいポイントはココです。

「akippa(あきっぱ)」のシステム利用料が50%と高いのに対して、「特P」のシステム利用料は30%と業界最安(2019年4月時点)です。「akippa(あきっぱ)」より稼働率が低くとも、「特P」経由での貸し出しの方が収益が高くなる可能性があります。

 

「akippa(あきっぱ)」と「特P」はどっちが稼げる?

評判の駐車場シェア「akippa(あきっぱ)」と「特P」、サラリーマンが簡単に稼げる副業はどっち!?「akippa」と「特P」どっちが稼げる?

先ほどの「akippa(あきっぱ)」と「特P」の比較表を再掲します。

比較ポイント akippa
(あきっぱ)
特P
登録料・月額費用 0円 0円
駐車場の舗装・設備 不要 不要
バイク対応
スマートフォンアプリ
駐車料金設定 akippaからの提案アリ 特Pからの提案アリ
利用者の保険加入 必須 必須
サポート体制 電話サポート(24時間365日) 電話サポート(24時間365日)
ユーザー数 最大 2、3番手
貸し出し時間 15分単位 4時間単位
オーナー都合の予約キャンセル 違約金2,000円で可 不可
システム手数料 駐車料金の50% 駐車料金の30%

ここまで見ていただいてわかるかと思いますが、サービスの認知度や利用者数によるマッチングの機会から考えたときに、「一番売上が上がる(収益ではなく)可能性があるのは、akippa(あきっぱ)」だと言えると思います。

しかし、同じ土地を貸し出すとしたときに、自身がどの程度稼げる(収益が上がる)かは、

注意ポイント

収入=会員数×稼働率(予約の入りやすさ)×(1-システム利用料率)

で決まりますから、会員数が多いこと、会員が予約しやすいこと、手数料が安いことなど複数の要因が絡んでくるため、「稼げる駐車場シェア副業=akippa(あきっぱ)」とは一概に言えません

たとえば、同じ土地を貸し出す場合、

■akippa(あきっぱ)
単価:200円/15分
稼働:月100回(15分換算)

月あたり上記で稼働すると、

売上:20,000円
収益:10,000円(20,000円×(1-システム利用料50%))

■特P
単価:3,200円/4時間(15分換算で200円)
稼働:月5回(15分換算で80回)

月あたり上記で稼働すると、

売上:16,000円
収益:11,200円(16,000円×(1-システム利用料50%))

といったように、「akippa(あきっぱ)」だと稼働率が高く売上が大きいのに、収益は「特P」の方が大きい、といった事象が発生するからです。

「akippa(あきっぱ)」「特P」ともに、駐車場ニーズの高い東京・大阪などの大都市圏に集中しています。そういった意味では、「akippa(あきっぱ)」「特P」双方のサービスが集中し、駐車場ニーズの高い大都市圏では、システム利用料の安い「特P」の方が収益が大きくなるかもしれません。一方で、繁華街の車の出入りの激しさを考えると「akippa(あきっぱ)」に軍配が上がります。

それ以外の地方都市に関しては、どちらかといえば「akippa(あきっぱ)」の駐車場が多く、オーナーの開拓が進んでいることがわかります。地方都市で駐車場シェア副業を考える人は、「akippa(あきっぱ)」の方がより高いマッチングが期待できるかもしれません。しかし、競争相手の少ない「特P」を活用して、少ないマッチングで大きな収益を確保するという考え方もできます。

曖昧な結論ではありますが、「akippa(あきっぱ)」「特P」どちらが稼げるかは、登録してみないなとわからない、というのが答えになるかと思います。

 

「akippa(あきっぱ)」と「特P」は両方登録するべき

評判の駐車場シェア「akippa(あきっぱ)」と「特P」、サラリーマンが簡単に稼げる副業はどっち!?「akippa(あきっぱ)」と「特P」は両方登録するのが良い。

「akippa(あきっぱ)」「特P」には共通点が多いですが、いくつか明確な違いが存在します。しかし、いずれ初期投資ゼロで簡単に稼げる副業という点では同じです。

駐車場シェアサービスは、メルカリのように一般に浸透していないサービスです。つまりオーナー数はまだ少ないため、周囲のオーナーと競合して価格を下げる必要が少ないわけです。また、個人間売買におけるメルカリのように、まだ一社が寡占しているような状況ではありません。今のうちに「akippa(あきっぱ)」「特P」両サービスに同時登録し、どのサービスが伸びてくのか、今後の趨勢を観察する方が良いです。

私は駐車場シェアリングで10万円前後の副業収入を得ており、「akippa(あきっぱ)」「特P」両サービスに登録しています。

駐車場シェアリングサービス「akippa(あきっぱ)」「特P」で副業を始めるには、オーナー登録が必要です。登録後にwebサイトやスマホアプリに掲載されることで、利用者が駐車場シェアサービスから駐車場を検索して、利用できるようになります。

「akippa(あきっぱ)」の登録方法

「akippa(あきっぱ)」公式サイトから「駐車場を登録する」をクリックします。

  • ユーザー情報、駐車場の住所・駐車可能な車種を選択する
  • 駐車場と駐車場周辺の写真を撮影してアップロードする
  • 貸し出し可能なスケジュールを設定する
  • akippa(あきっぱ)側が駐車スペースを審査する
  • akippa(あきっぱ)のサイトに登録駐車場として掲載される

特Pの登録方法

「特P」公式サイトから「駐車場を登録」をクリックします。

  • オーナー基本情報、駐車場と住所・駐車場情報を入力する
  • 駐車場の写真を撮影してアップロードする
  • 特P側が駐車スペースを審査する
  • 特Pのサイトに駐車場情報が表示される
  • 貸し出しスケジュール/利用料金を設定する

順序はどうあれ、両サービスとも、大きな手間はなく駐車場シェアリング副業をスタートすることができます。

「akippa(あきっぱ)」「特P」ではともに、駐車料金を自分で設定できますし、その土地に適した料金を提案してくれますので、難しくありません。

ちなみに、「akippa(あきっぱ)」「特P」に限りませんが、駐車場シェアリングでは近隣の相場より少し安めに設定すると、稼働率が上がりますし、リピーターにつながりやすいです。また、土日や自宅近くでイベントがある日などは割増料金にするなど、工夫次第で稼ぎやすくなります。

 

「akippa(あきっぱ)」と「特P」 まとめ

駐車場シェアリングサービス「akippa(あきっぱ)」と「特P」の特徴やその違いを、比較しました。いかがでしたでしょうか。

まとめると、

  • 「akippa(あきっぱ)」「特P」ともに、今後拡大する駐車場シェアリングサービス
  • 「akippa(あきっぱ)」は業界最大手で、マッチング機会が多いが手数料が高い
  • 「特P」はマッチング機会が「akippa(あきっぱ)」より少ないが、手数料は業界最安級
  • 「akippa(あきっぱ)」「特P」両方登録するべき

駐車場シェアリング副業で稼ぐには、マッチング機会がどれくらいあるかだけではなく、駐車スペースの立地条件や駐車料金、稼働率、プラットフォームのシステム手数料が複雑に絡んできます。

駐車場シェアリングサービスはまだまだ伸び盛りのサービスです。さまざまな要因を検討してどちらかに絞るのも良いですし、両方のサービスを活用して利益率を最大化するのも良いと思いますが、今後認知が深まるにつれ、利用者も増えてくるでしょうから、正直なところ「akippa(あきっぱ)」「特P」どちらが優位か決めづらい状況です。

「akippa(あきっぱ)」「特P」ともに登録は無料ですから、登録して損することはありません。オーナー登録はぜひ「akippa(あきっぱ)」「特P」それぞれ両方への登録がお得です。

「akippa(あきっぱ)」に登録する

「特P」に登録する

 

「特P」のキャンペーン実施

「特P」では不定期でキャンペーンを実施しており、駐車場オーナー登録すると、なんと5,000円の謝礼金がもらえるようです!これも評判になっている点です。

駐車場シェア「akippa(あきっぱ)」は簡単に稼げると評判のサラリーマン副業。毎月2万円稼げる!?「akippa(あきっぱ)」以外にも「特P」にメリットがあります。

登録無料ですから、登録して損することはありません。ぜひオーナー登録をご検討ください。

「特P」キャンペーンに応募する

まず登録だけして5,000円もらえるだけでも十分おトクです。

 

駐車場シェアリングについての記事です。「akippa(あきっぱ)」「特P」以外にも駐車場シェアサービスがあります。

 

サラリーマンの副業には、まず手堅いシェアビジネスから始めましょう。がんばれば月10万円は稼げると思います。

車をお持ちの方は、車のシェアビジネスもご検討ください。私はエニカ(Anyca)とdカーシェアで月2万円ほど稼いでいます。

しっかり稼ぐ副業という点では、コチラをオススメしています。私は月20万円ほど稼いでいます。

-副業

Copyright© FULL DIVE , 2019 All Rights Reserved.