投資

【メキシコペソ投資】メキシコペソのおすすめレバレッジをシミュレーションから考察

【メキシコペソ投資】メキシコペソのおすすめレバレッジをシミュレーションから考察

私は、純資産1億円を持ちセミリタイアすることを目指して、「メキシコペソ円」スワップポイント投資を行っています。

メキシコは経済成長中で、将来性のある新興国です。
また、その通貨である「メキシコペソ」は金利も大きく、投資価値の高い通貨となっています。

FXでの投資にはハイリスクのイメージがありますが、
それは短期で儲けようと高いレバレッジによってロスカットされる人が多いためです。

しっかりリスクコントロールを行い長期で利益を得ることを前提とすれば、「メキシコペソ円」スワップポイント投資は有望な投資方法です。

私の「メキシコペソ円」スワップポイント投資は、独自のリスクヘッジによって低リスクで運用しているためロスカットはされづらく、比較的手堅い運用方法になっています。

少し長めのスパンでの投資活動になりますが、
その代わり、最長でも10年を過ぎるとかなりの確率で元本回収でき、その後も資産が増えていく算段です。

 

前回の記事では、「メキシコペソ円」スワップポイント投資のメリットや、私が実践している具体的な方法などについて書きました。

今回は、メキシコペソ投資でのスワップポイントをレバレッジごとにシミュレーションし、ロスカットリスクなどを洗い出し、最適なレバレッジを導き出したいと思います。

参考になれば幸いです。

では、いきましょう!

▼メキシコペソにオススメのFX会社▼
トレイダーズ証券[みんなのFX]
【みんなのFX】で口座開設する(無料)

メキシコペソ投資 レバレッジの考え方

メキシコペソに投資する場合、最大25倍のレバレッジをかけることができます。

メキシコペソならレバレッジ1倍でも年利9%ほどの利益が得られるので、レバレッジ25倍であれば単利運用でも年利225%(1年で資産が3倍以上)になります。

しかし、高すぎるレバレッジにはリスクが伴います。

結論から申し上げると、長期でのメキシコペソ投資は、レバレッジ2倍程度の低レバレッジでの取引が望ましいです。

スワップポイントで資産を増やすのが主目的の「メキシコペソ投資」においては、レバレッジ25倍など高すぎるレバレッジ取引は行わないことが肝要です。

ロスカットから資産を守りながら投資するなら、

おすすめレバレッジ

 バランス考えて レバレッジ2倍

 最大リスクでも レバレッジ3倍

だと考えています。

この記事では、いくつかのレバレッジで運用した場合のシミュレーションを見ながら、「メキシコペソ投資に最適なレバレッジ」について考察していきます。

レバレッジ管理の大切さ

【メキシコペソ投資】メキシコペソのおすすめレバレッジをシミュレーションから考察。レバレッジの考え方

レバレッジは、少額の投資資金でも大きな金額を運用することができる、FXの特徴の一つです。

レバレッジとは

  • 少額でも大きな金額の取引ができる
  • レバレッジ2倍で利益は2倍、損失も2倍
  • レバレッジは最大25倍

投資資金が10万円でも、レバレッジ2倍で20万円の取引、レバレッジ10倍で100万円の取引ができます。

その結果、利益も2倍、10倍になりますが、損失も2倍、10倍になります。

個人投資であれば最大25倍までレバレッジをかけられますが、レバレッジ25倍ともなると短期でロスカットされて、証拠金の多くを失う危険性もあります(私も一晩で40万円失った経験アリ)

特に高金利通貨は急に下落することがままあるので、大きくレバレッジをかけることは特に危険です。

つまり、最適なレバレッジを考えることは、メキシコペソの長期投資においては最重要といっても過言ではありません。

 

メキシコペソ投資 レバレッジ別シミュレーションの条件

それでは、メキシコペソにレバレッジをかけて投資する場合、どの程度のレバレッジどの程度のリスクとリターンがあるのか見ていきましょう。

今回のレバレッジ別シミュレーションは、以下の条件下で行います。

「メキシコペソ」投資条件

  • FX口座:みんなのFX
  • スワップ:1日あたり15円/1万通貨
  • 投資資金:100万円
  • スワップ再投資:1万通貨購入分のスワップ獲得ごと

※スワップは固定
※現在価格を6円前後と想定

スワップポイントはFX会社によって異なるので、
メキシコペソのスワップポイントが安定して高い「みんなのFXを使用します。

メキシコペソを1万通貨買えば毎日15円、つまり、

年間で、15円×365日 = 5,475円

のスワップポイントが得られます。

これらを前提として、レバレッジをかけて、

  • 単利運用(スワップを受取のみ)
  • 複利運用(スワップを再投資)

する場合をシミュレーションしていきます。

少額で「メキシコペソ」をはじめる

■メキシコペソは1,000通貨から買える
私はメキシコペソに可能性を感じているので、1万通貨単位でメキシコペソを買っています。

もし、1万通貨通貨単位にリスクを感じるなら、
1,000通貨単位でメキシコペソを買う(レバレッジ1倍)ことも可能です。

1,000通貨単位から「メキシコペソ」を買うなら、【みんなのFX】【LIGHT FX】をオススメします。

メキシコペソ投資 レバレッジ1倍

【メキシコペソ円投資】メキシコペソのおすすめレバレッジをシミュレーションから考察。レバレッジ1倍のシミュレーション

まずは、メキシコペソ投資をレバレッジ1倍で行う場合のシミュレーションをしてみましょう。

メキシコペソの相場上限は現状6円くらいなので、
1万通貨に対して6万円の証拠金でレバレッジ1倍の運用が可能です。

レバレッジ1倍で100万円を一括投資すると、メキシコペソを16~17万通貨程度購入できます。

安全に16万通貨を購入するとして、

年間で、5,475円×16万通貨 = 87,600円

のスワップポイントが得られます。

メキシコペソ投資 レバレッジ1倍(単利運用)

メキシコペソをレバレッジ1倍で単利運用したときに得られるスワップは以下です。

■メキシコペソ レバレッジ1倍(単利運用)

運用年数 原資 保有通貨量 スワップポイント スワップポイント(累計)
開始時点 1,000,000円 16万通貨 -円 -円
1年 1,000,000円 16万通貨 87,600円 87,600円
2年 1,000,000円 16万通貨 87,600円 175,200円
3年 1,000,000円 16万通貨 87,600円 262,800円
4年 1,000,000円 16万通貨 87,600円 350,400円
5年 1,000,000円 16万通貨 87,600円 438,000円
10年 1,000,000円 16万通貨 87,600円 876,000円

毎年9%ほどの利回りですから、11年半ほどで資産が2倍になります。

メキシコペソはスワップポイントが大きいため、レバレッジ1倍でも十分な利益が得られます。

メキシコペソ投資 レバレッジ1倍(複利運用)

レバレッジ1倍で複利運用するとどうでしょうか?

メキシコペソ保有によりスワップを6万円得るごとに、メキシコペソを1万通貨追加投資します。

これを連続して、メキシコペソをレバレッジ1倍で複利運用したときに得られるスワップは以下です。

■メキシコペソ レバレッジ1倍(複利運用)

年数 原資 保有通貨量 スワップポイント 再投資通貨量 スワップポイント(累計)
開始時点 1,000,000円 16万通貨 -円 -通貨 -円
1年 1,000,000円 17万通貨 88,969円 1万通貨 88,969円
2年 1,000,000円 19万通貨 96,269円 2万通貨 185,238円
3年 1,000,000円 20万通貨 106,306円 1万通貨 291,544円
4年 1,000,000円 22万通貨 116,344円 2万通貨 407,888円
5年 1,000,000円 24万通貨 127,294円 2万通貨 535,181円
10年 1,000,000円 38万通貨 200,294円 3万通貨 1,378,788円

得られたスワップポイントを再投資すると、理論上は8年ほどで資産が2倍になります。

メキシコペソ投資 レバレッジ1倍のメリット・デメリット

メキシコペソ投資において、レバレッジ1倍でのリスクは限定的です。

レバレッジ1倍での投資は「0円にならないとロスカットされない」ため、外貨預金とほぼ同義だからです。

一方で、爆発的な複利運用ができるレバレッジではないとも言えます。

レバレッジ1倍のメリット・デメリットは、

メキシコペソ「レバレッジ1倍」

■メリット
10年程度待てば資産が2倍になる
ロスカットされず非常に安全

■デメリット
・資産の増え方はそこまで速くない

レバレッジ1倍でのメキシコペソ投資は、
ロスカットに怯えずに、安心して投資できるといえます。

 

メキシコペソ投資 レバレッジ2倍

【メキシコペソ円投資】メキシコペソのおすすめレバレッジをシミュレーションから考察。レバレッジ2倍のシミュレーション

次に、レバレッジ2倍でメキシコペソ投資を行う場合を考えてみましょう。

メキシコペソの相場上限は現状6円くらいなので、
1万通貨に対して3万円の証拠金でレバレッジ2倍の運用が可能です。

レバレッジ2倍で100万円を一括投資すると、メキシコペソを33~34万通貨程度購入できます。

安全に33万通貨を購入するとして、

年間で、5,475円×33万通貨 = 180,675円

のスワップポイントが得られます。

メキシコペソ投資 レバレッジ2倍(単利運用)

これを踏まえ、メキシコペソをレバレッジ2倍で単利運用したときに得られるスワップは以下です。

■メキシコペソ レバレッジ2倍(単利運用

運用年数 原資 保有通貨量 スワップポイント スワップポイント(累計)
開始時点 1,000,000円 33万通貨 -円 -円
1年 1,000,000円 33万通貨 180,675円 180,675円
2年 1,000,000円 33万通貨 180,675円 361,350円
3年 1,000,000円 33万通貨 180,675円 542,025円
4年 1,000,000円 33万通貨 180,675円 722,700円
5年 1,000,000円 33万通貨 180,675円 903,375円
10年 1,000,000円 33万通貨 180,675円 1,80,6750円

毎年18%ほどの利回りですから、5年半ほどで資産が2倍10年後には資産が3倍近くになります。

レバレッジ2倍にすると、レバレッジ1倍の倍速で資産が増えることがわかります。

メキシコペソ投資 レバレッジ2倍(複利運用)

レバレッジ2倍で複利運用するとどうでしょうか?

メキシコペソ保有によりスワップを3万円得るごとに、メキシコペソを1万通貨追加投資します。

これを継続して、メキシコペソをレバレッジ2倍で複利運用したときに得られるスワップは以下です。

■メキシコペソ レバレッジ2倍(複利運用)

年数 原資 保有通貨量 スワップポイント 再投資通貨量 スワップポイント(累計)
開始時点 1,000,000円 33万通貨 -円 -通貨 -円
1年 1,000,000円 39万通貨 194,363円 6万通貨 194,363円
2年 1,000,000円 47万通貨 231,319円 8万通貨 426,594円
3年 1,000,000円 56万通貨 278,313円 9万通貨 704,906円
4年 1,000,000円 67万通貨 333,063円 11万通貨 1,037,969円
5年 1,000,000円 80万通貨 399,219円 13万通貨 1,437,188円
10年 1,000,000円 199万通貨 988,238円 33万通貨 4,990,919円

レバレッジ2倍で再投資すると、4年弱で資産が2倍になります。

レバレッジ2倍でも複利の力を大きく感じられるのが、メキシコペソ投資の魅力です。

メキシコペソ投資 レバレッジ2倍のメリット・デメリット

レバレッジ2倍での投資は、レバレッジ1倍に比べ資産の増え方が速くなるのがメリットです。

複利運用でその速度はさらに増します。

レバレッジ2倍では3円程度(6円の半値)の下落でロスカットされますが、現状3円まで下落することは考えづらく、3円に到達したとしても複利運用を控えるなどすればリスク管理ができるでしょう。

レバレッジ2倍のメリット・デメリットは、

メキシコペソ「レバレッジ2倍」

■メリット
4、5年程度で資産が2倍になる
・レバレッジ1倍に比べ資産の増え方が速い

■デメリット
・メキシコペソが3円になるとロスカット
継続的な複利運用ができない可能性

レバレッジ2倍でのメキシコペソ投資は、
得たスワップが十分に貯まっていく限り、複利運用を控えるなどすればロスカットラインをそこまで意識する必要はないでしょう。

 

メキシコペソ投資 レバレッジ3倍

【メキシコペソ円投資】メキシコペソのおすすめレバレッジをシミュレーションから考察。レバレッジ3倍のシミュレーション

最後に、レバレッジ3倍の場合を考えてみましょう。

メキシコペソの相場上限は現状6円くらいなので、
1万通貨に対して2万円の証拠金でレバレッジ3倍の運用が可能です。

レバレッジ3倍で100万円を一括投資すると、メキシコペソを50万通貨程度購入できます。

安全に50万通貨を購入するとして、

年間で、5,475円×50万通貨 = 273,750円

のスワップポイントが得られます。

メキシコペソ投資 レバレッジ3倍(単利運用)

これを踏まえ、メキシコペソをレバレッジ3倍で単利運用したときに得られるスワップは以下です。

■メキシコペソ レバレッジ3倍(単利運用

運用年数 原資 保有通貨量 スワップポイント スワップポイント(累計)
開始時点 1,000,000円 50万通貨 -円 -円
1年 1,000,000円 50万通貨 273,750円 273,750円
2年 1,000,000円 50万通貨 273,750円 547,500円
3年 1,000,000円 50万通貨 273,750円 821,250円
4年 1,000,000円 50万通貨 273,750円 1,095,000円
5年 1,000,000円 50万通貨 273,750円 1,368,750円
10年 1,000,000円 50万通貨 273,750円 2,737,500円

毎年27%ほどの利回りですから、3年強で資産が2倍になります。

メキシコペソ投資 レバレッジ3倍(複利運用)

レバレッジ3倍で複利運用するとどうでしょうか?

メキシコペソ保有によりスワップを2万円得るごとに、メキシコペソを1万通貨追加投資します。

これを継続して、メキシコペソをレバレッジ3倍で複利運用したときに得られるスワップは以下です。

■メキシコペソ レバレッジ3倍(複利運用)

年数 原資 保有通貨量 スワップポイント 再投資通貨量 スワップポイント(累計)
開始時点 1,000,000円 50万通貨 -円 -通貨 -円
1年 1,000,000円 65万通貨 307,969円 15万通貨 307,969円
2年 1,000,000円 85万通貨 402,869円 20万通貨 710,838円
3年 1,000,000円 111万通貨 528,794円 26万通貨 1,239,631円
4年 1,000,000円 146万通貨 693,956円 35万通貨 1,933,588円
5年 1,000,000円 192万通貨 908,394円 46万通貨 2,841,981円
10年 1,000,000円 742万通貨 3,517,688円 176万通貨 13,842,625円

得られたスワップポイントを再投資すると、理論上は2年半で資産が2倍、10年もすれば1,500万円もの資産になります。

それ以上に、レバレッジ1倍やレバレッジ2倍に比べ、再投資のスピードが加速度的に速くなっていくことが印象的です。

メキシコペソ投資 レバレッジ3倍のメリット・デメリット

メキシコペソをレバレッジ3倍で投資すると、資産の増え方がレバレッジ1倍・2倍の比ではありません。

一方で、レバレッジ3倍では2円程度(6円の1/3)の下落でロスカットされます。

メキシコペソの過去最低価格は4.87円です。

直近の相場(5円~6円の間)からみると、過去最低価格でもレバレッジ3倍なら耐えられますが、ロスカットを避けるには証拠金の追加を意識せざるを得ません。

レバレッジ3倍のメリット・デメリットは、

メキシコペソ「レバレッジ3倍」

■メリット
数年で資産が2倍になる
再投資のスピードが極めて速くなる

■デメリット
・メキシコペソ4円になるとロスカット
・初期投資が大きいと追加証拠金が払えない

レバレッジ3倍でのメキシコペソ投資は、
証拠金を追加できる範囲の資金で行う、もしくは積立投資を前提として投資するのが良いでしょう。

 

メキシコペソ投資 おすすめレバレッジは?

レバレッジ1倍・レバレッジ2倍・レバレッジ3倍それぞれで、メキシコペソ投資を単利運用・複利運用した場合のシミュレーションを行ってきました。

ご覧頂いておわかりかと思いますが、
スワップポイントで資産を増やすのが主目的の「メキシコペソ投資」においては、レバレッジ25倍など高すぎるレバレッジ取引は行わないことが肝要です。

長期でのメキシコペソ投資は、レバレッジ2倍程度の低レバレッジでの取引が望ましいです。

ロスカットから資産を守りながら投資するなら、

おすすめレバレッジ

 バランス考えて レバレッジ2倍

 最大リスクでも レバレッジ3倍

という結論になります。

レバレッジを高めでメキシコペソ投資をするにしても、証拠金を追加できる範囲の資金で行う、もしくは積立投資でリスクヘッジして投資するのが良いでしょう。

 

メキシコペソ投資 オススメのFX会社

スワップ投資において、レバレッジの大小はFX会社の選択に影響はありません。

メキシコペソ投資用のFX口座を選ぶなら、スワップの安定性スワップにかかる税金の有無などレバレッジ以外の部分をしっかり吟味しましょう。

以下、メキシコペソ向きの主要FX会社の比較です。

■「メキシコペソ円」主要FX会社

FX会社 オススメ度 スワップ
ポイント(日)
スワップ
ポイント(年)
取引単位 スプレッド スワップ
ポイント課税
セントラル短資 13円 4,745円 1,000通貨 ○(0.3銭) ×(未決済でも課税)
ヒロセ通商 11.8円 4,328円 10,000通貨 △(0.4銭) ○(決済時に課税)
GMOクリック証券 11.7円 4,289円 100,000通貨 ○(0.3銭) ○(決済時に課税)
みんなのFX 12円 4,380円 1,000通貨 ○(0.3銭) ○(決済時に課税)
LIGHT FX 12円 4,380円 1,000通貨 ○(0.3銭) ○(決済時に課税)

(2019/10/20時点)

この表の通り、スワップポイントの大小以外に、自身の投資環境に応じて比較すべきポイントがあります。

現在スワップポイントが最も大きいのは「セントラル短資FX」です。

一方で、スワップポイントの安定性やメキシコペソ以外の高金利通貨への分散も考えると「みんなのFX」「LIGHT FX」が視野に入ってきます。

資金に余裕のある方は、スワップポイントが安定して高い「GMOクリック証券(くりっく365)」「ヒロセ通商(LION FX)」を検討してもよいでしょう。

少額(1,000通貨単位)でメキシコペソ投資を始めるなら、「みんなのFX」か「LIGHT FX」をオススメします。

▼メキシコペソのスワップ詳細比較はコチラ▼

 

メキシコペソ投資 レバレッジ別シミュレーション まとめ

メキシコペソ投資にあたり、レバレッジ別シミュレーションを行いました。まとめると、

  • メキシコペソ投資ではレバレッジ管理が大事
  • メキシコペソ投資ではレバレッジ×複利運用で資産が爆発的に増える
  • メキシコペソ投資ではレバレッジ2倍がオススメ。MAXでレバレッジ3倍
  • メキシコペソ投資のレバレッジを上げるなら積立投資が有効

といったところです。

ご自身が許容できる範囲でレバレッジを決めれば、メキシコペソ投資で長期で利益を得ることは可能です。

少し長めのスパンでの投資活動になりますが、
その代わり最低3年、最長でも10年を過ぎるとかなりの確率で元本回収でき、その後も資産が増えていく算段です。

本記事にご納得頂ける方は、
ぜひ「メキシコペソ円」スワップポイント投資にチャレンジしてみて下さい。

 

「オススメの投資方法」「積立シミュレーション」などについても、ぜひご覧ください。

-投資

Copyright© FULL DIVE , 2019 All Rights Reserved.